--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-07-17

僕のために笑って


ガッコのPCからです。
19時半から授業です。
眠いです。
夫婦のレコメンを聞ける気がしません。
夫婦と言えば、テレガイですねv
・・・て、その前に。

グリムス育ててから、
毎日書こうとしてたのに、
なぜ、こんなにあいたか。
あ、別に、記事に踊らされてたわけじゃないです。
途中で、いろんな人と電話しながらないたけど、
別に、ねぇ。
雑誌論とかやってると、ちょっとずつ、詳しくなるんです、いろんなことに

こう見えてもね、
(めっちゃジャニヲタでもね)
某私立大学2年生なのさ。
文系の。
・・・書いたことあったっけ。
あぁ、あった。これ
でも、やってることはようわからんけど。
でね、テストなんだ。
いや、レポートのが多いんだけどさ。
もう、自転車操業気味でさ・・・
前々からやってなかったあたしが悪いんです、はい。
こないだ、世界文学としてのシェイクスピアって授業のテストがあったんだけど、
「古今東西のシェイクスピアの受容をもとに、自分の意見を述べなさい」的な問題があって、
蜷川シェイクスピアはもちろん、
東京グローブ座、ヴェローナ、SHOCKの中のハムレット(見たことないけど)について、
軽く触れてきた(笑)
それを見た若い世代が、シェイクスピアに手を伸ばして、面白さに気づけば、
シェイクスピアは半永久的に名作として、日本で語り継がれるだろう、的な(笑)
ものすごいこじつけかもしれないけどさ(苦笑)

今日はね、レポート提出日だったんだけど
書いてなかったから、徹夜で書いた・・・(苦笑)

大学生らしいブログにしていい??(笑)
せっかく、bookってカテゴリ作ったのに、
夢を与えるしか書いてないしね。
読んだらいちお、ミクシには書いてたんだけどね、
こないだ、ブックフェアで買ったやつだし。
書いてみよう。






妊娠小説/斉藤美奈子 (ちくま文庫)

別に、小説というわけじゃないです。
「妊娠小説」というカテゴリが、日本の近現代文学には存在する、という評論。
女が妊娠して、それを相手に告知、男が苦悩する、とかって話。
鴎外の「舞姫」がまさにそれなんだけど、
出てくるっていうか、取り上げてる例が、1993年までの作品で、
男性作家ばっかで・・・(女性作家は、小川洋子とか、林真理子とか、倉橋由美子とか・・・)
今の時代の作品にスライドできるか、っていうと、できないよな、って
読みながら思ってた。
たとえば。
金原ひとみの「蛇とピアス」とか、綿矢りさの「蹴りたい背中」、川上美映子の「乳と卵」じゃ
誰も妊娠してないさ。
話題の楊逸の「時が滲む朝」も違うしね
っていうかさ、この「妊娠小説」において、
どう読んでも、妊娠小説は、悲壮感あふれるものなんだよな
妊娠しました、→中絶をせまられ→女が死んじゃうとか
妊娠しました、→旦那が消えた→一生懸命育てなきゃ・・・!
妊娠しました、→どうしよう・・・→中絶可能時期過ぎる→悲惨
・・・どうよ、これ。
不景気には、お笑いブームが来るように、
不景気には、幸せを求めるんじゃないだろうか。
疲れている時代に、「・・・こんな男ひどい!」と、悲劇のヒロインに感情移入して読むのって
すごいしんどいことじゃない??
昔の女性の幸せは、結婚して、子供産んで、家族をつくることだったかもしれないけど、
今、そう??
女性の社会進出で、ある程度の余裕があれば、
結婚、出産はもちろん、仕事、趣味、その他もろもろ、
選択肢はいろいろあるわけです。
だから、あたしは、ここに載ってる妊娠小説を古いタイプだと思ったわけで。
今、しいて言うなら、「ニュー妊娠小説」ってのがあるらしい。
ま、それは違う本の話になるので、また読んだら書く。
もう少しで読めそうだし。

おー、なんかめっちゃ変な感じの記事になった(笑)
いまここで、テレガイの感想とか書いたら、残念な感じになるよね(笑)
まぁ、夫婦は素敵だったよ、ってことだ(笑)
よし、授業いってきますー
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

しずか

Author:しずか

限りなく事務所担に近いeighter
…だったけど。
ふじがや担当になりました。
ひきこもりだけど男前が絡めば
フットワークは軽い。
好きになったら嫌いになれない。
最近、男前の優先順位がかなり不安…だったけど。
一番はふじがやくん。
すっきりした!


拍手、コメントお気軽にどうぞ。

mixiもやってマス。


前略プロフはこちら
参戦記録はこちら
レポとは呼べない感想もあります。

強くありたいんだmini

最近の記事
event
2009年
4月4日夜 滝沢演舞城
とりあえず、KAT-TUN@ドームには
いつかあらわれます。きっと。
ranking
gremz
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。